スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガンダムUC ep7「虹の彼方に」感想 アンチ・ヒーロー好き必見の作品


 今日、新宿ピカデリーでガンダムUC見てきました。久々にTwitterじゃなくブログで長文感想とか書いてみようと思います。ネタバレ全開なので注意

 ep7、個人的には凄くよかったと思う。以下、思ったこと、一緒に見に行った友人と話したことなんかを書いていく。小説版も読んでないにわかの意見なんであしからず。

 今回、ネタバレは出来る限り回避していたが、流石に「リディ少尉がマリーダさんを殺す」ということは知ってしまっていた。(小説があるから当然だけど)で、視聴前の不安として「リディさんを(俺が)許せるかなー」というのがあった。

 いや、前からリディ少尉が嫌いだったかというとそんなことはなくて、むしろリディ少尉大好きだった。属性で言っても主人公にコンプレックスを抱いてるサブキャラ(ダイ大のポップとか)萌えだし、そもそもバナージがあんまり好きになれないしで。

 そもそもバナージが好きって人はなんなんだ? とさえ思ってた。相手の立場に立って物事を考えられないし、(ep3の「このわからずやー!」とか。どっちがだよ。「連邦の理屈ばかり言うな」というマリーダさんの言葉は至極最も)自分が人を殺したことを受け入れられず言い訳するし(ep2ね)、かといって大事な場面で「撃てませーん!」で咎をリディさんに押し付けるし(ep4)。要するにガキなんですよね。

 でもそんなガキがこの作品の世界では皆に好かれまくり、いろんなものを受け取るわけだ。父親のカーディアス・ビストはともかく、エコーズのダグザさん、ネオ・ジオンのギルモアさん、艦長、マリーダさん、それからもちろんオードリー。リディ少尉がコンプレックス抱くのも当然ですよね。判官贔屓の血が騒ぐ騒ぐ。というわけでガンダムUCはリディ少尉を応援しながら見てました。

 でも、ep7ではリディ少尉がマリーダさんを殺すらしい。マリーダさんっていうのは「戦後のゴタゴタの犠牲者トラウマムービー」たるUCの象徴みたいな人で、この人を殺す、というお鉢が回るということはこの世界の諸悪を担うことになるんじゃないかと。種死のシンみたいに複数主人公の一人にすべてをおっ被せてもう一人を大正義にするスタイルなのかと。そういう不安でした。

 で、実際に見てみると。リディ少尉は確かにマリーダさんを殺すけど、それは全然悲劇ではなかった。マリーダさんは確かに死んだけれど、その死は決して悲惨なだけのものではなく、厳かですらあった。(これについては友人と見解は一致したけど、是非は別れた。友人は「死はもっと悲痛に描かれるべき」と言っていたが僕は「死は厳かであってもいい」と思った。この話はまた別の記事で。)

 その後のシーンでリディ少尉が言うように、彼はマリーダさんの名前も知らないわけです。でも、彼女の死のおかげで彼は自分を取り戻すことが出来た。ガンダムで「強化人間と戦闘の中で分かり合う」というシチュエーションといえばZのフォウ・ムラサメとか種死のステラ・ルーシェなんかがありますよね。カミーユもシンも最終的にはおかしくなっちゃうわけだけど、それはZや種死が「戦争の中で人間性を奪われていく」物語だからじゃないかなーと思うんです。で、それはリディ少尉にも共通している。

 リディ少尉って人は、自分の家のこと(=箱の中身)を知って、それをオードリーに一緒に背負って欲しかったけど拒否されて、「俺を一人にしないでくれ」って言っておかしくなっちゃったわけで、それって箱の中身をオードリーと共に正しく使ったバナージのちょうど逆なんですよね。で、「俺を一人にしないでくれ」って言ったリディ少尉にマリーダさんはむしろ自らその身を差し出す。

 ジョジョの奇妙な冒険で「ジョジョは受け継いだ人間、ディオは奪う人間」なんて話があるけど、UCにおいて戦争の中で「バナージは受け取る人間、リディは奪われる人間」なわけですよ。もうリディさん発狂不可避。(ep4でバナージの代わりにロニさんを殺すという咎も押し付けられたし。個人的にはep7でその回想があってもよかった)

 で、奪われ続けたリディ少尉がどうなったかというと、自分が奪う側に回ろうとした。マリーダさんの命を奪った。でも、それは単に奪ったわけではなく、マリーダさんに差し出されたわけで。この時初めて、彼は受け取る側になれたんだと思うんですよ。それで踏みとどまることができた。Zや種死ではクワトロやアスランがはけ口になるべきポジションなわけですが、こいつらが本当にダメだった。

 やっぱり何より大事なのは母性ですよ。マリーダさんは私の母になってくれるかもしれなかった女性だ!

 今日はここまで。明日は逆シャアとの絡みについて。

スポンサーサイト

劇場版まどマギ追記 クレイジーサイコレズ


 凄く短いんだけど、ツイッターで呟くとネタバレになっちゃうのでここに。

 ほむらの「愛」について、よくクレイジーサイコレズとかネタにされてるけど自分なりに納得できたので。
 ほむらの「愛」は、単なるまどかに対する恋情ではなく「ループの末に積もった感情の堆積」だと考えるべきだろう。TV版でまどかが神になったのは「ループによって積もった因果の力」によってで、その逆に位置するものなのだ。
 つまりループによって積もった希望はまどかを神に、絶望がほむらを悪魔にしたということ。

 ただし、これはTV版のまどかを否定する描写である。「希望と絶望が相転移し続ける世界の中で、最終的にその法則を打ち破る突破点」として顕現したのがまど神であるからだ。もっと言えば、魔法少女についての物語の結末であったからだ。もしまど神を生んだ反作用として悪魔ほむらがあるなら、神さえもその法則に打ち破れなかったことになってしまう。つまりTV版の物語の全否定である。

 だから建前上は総集編の劇場版の続き、ということになってるんじゃないかなあ。

ペルソナ4感想 マッチョな鳴神くん

 P4G全クリしました。面白かった。ペルソナシリーズをやるのは実は初めてだったけど、主人公のペルソナって女神転生と同じ悪魔たちなのね。
 戦闘も女神転生とほぼ一緒、弱点を攻撃してればまず勝てる。個人的にはシミュレーション要素があるからデビサバが一番好きかもしれない。
 キャラで言ったら花村が好きです。っていうか花千枝のカプ萌えですね。

 僕自身は凄いこのゲーム好きなんだけど、合わない人には合わないだろうな、って思った。今日はあえてその合わない人目線の感想を書いてみようと思う。


 まず、このゲーム、すごいマッチョ。マッチョ過ぎて吐きそう。精神分析の暴力とか、そういうものに満ち満ちている。まあタイトルが「ペルソナ」だし、ユング心理学が元になってるらしいのでそれも当然だけど。

 このゲームのメインキャラクターたちは、皆心に傷を持っている。それがシャドウとして形になり、本人を襲う。それを打ち破り、受け入れることでシャドウと戦うための力であるペルソナを手に入れる、というのが基本的なストーリー。
 まず「心の傷が具現化して襲い掛かってくる」というのが凄い。過去のたった一つの出来事がその人の人格を決定しているし、それは乗り越えるべきものとして描かれる。人の心ってもっといろんなものが複雑に絡み合ってるし、過去のトラウマもあるときには個性として顕れたりするもんなんじゃないのかなあ。

 それを「お前らは病気だから治療してやる」とばかりに打倒していく主人公。特に完二のエピソードがやばかった。「お前がホモなのは女を怖がっているだけだ、正気に戻れ」と。そして実際シャドウを倒した完二はヘテロになっていく。そこに「社会に認められるため男になりたい」という願望を持っていた直人を宛がうという完璧さ。直人のシャドウが男根の象徴たるスーパーロボットだったことからして確信犯めいたものを感じる。

 このゲームの主人公は6股モテモテとよく言われるけど、ただのハーレムものより圧倒的にたちが悪いのはそれがそういう「治療」の結果として作られていくことだと思う。社会に馴染めない病気の女の子を治療してあげることで好かれる、って90年代のストーリーだよ!

 ラスボスからも90年代臭を感じる。「人の深層にある、絶望を望む無意識の集合(集合的無意識)」って……。正直、「またアトラスお得意のアレか……」って感じた。初めて見たときは目新しかったけど。

 ラスボス戦を経て思ったのは、「女神転生が世界の在り方考でペルソナは自分探しの物語なんだなあ」ってことだった。共にセカイ系の根幹を成す二つの軸である。セカイ系とは「自分とはなにか、世界とはなにか」を考える青年哲学から派生したと思っているから。それらを二つの作品に分けたのが女神転生とペルソナシリーズなのかな、と思った。良くも悪くもその初期コンセプトからブレていないから、こんな90年代臭漂うゲームが出来たのでは。

 今はアニメの再放送見てます。


ダンガンロンパ霧切読了

 めっちゃライトなノベルだったので30分くらいで読めてしまった。自分史上最ライトなミステリかもしれない。はやみねかおるよりライト。

 作者の北山猛邦は「物理トリックの北山」と呼ばれているとかで、かなり期待していたのだが……残念ながらトリックは期待外れだった。名探偵コナンレベル。島田荘司の愛読者なら(っていうか探偵なら)あれくらい一瞬で見抜けよ、主人公。

 ミステリとして微妙、ならばダンガンロンパのノベライズとしてはどうか、というとこれも微妙だった。まあ小高本人が書いているダンガンロンパゼロと比べるのは流石に可哀想だが、メフィスト系ミステリ(っていうかJDC)の世界観に無理やり霧切さんを突っ込んだかのような違和感が……

 でもきっと中学生のころに読んでたらドハマりしたと思う。そもそもおっさんが中学生向けのゲームにハマったのが発端で、他のコンテンツ展開が中学生向けなのは当然なんだよなあ……

 これをきっかけに新本格読者が増えたら嬉しい、と当り障りのない言葉で締めくくる。

君と彼女と彼女の恋。感想――エロゲーマーの倫理について――

 先日、K君に勧められてニトロプラスのエロゲー「君と彼女と彼女の恋。」をやったのでその感想を。ネタバレ全開なので注意。きっかけは、「現実侵食力」のあるゲームをやりたい、という話だった気がする。

 まず「君と彼女と彼女の彼女の恋」の基本的な流れについて説明する。エロゲーにしては珍しく、ほぼ一本道なので説明は簡単。

 まず、前提として。現代の学園を舞台にした作品で、ヒロインは天才系幼馴染キャラの曽根美冬と屋上で出会ったデンパ系キャラの向日アオイの二人。主人公の名前は須々木心一。基本的には「幼馴染の美冬と最近疎遠になっていた主人公が、『この世界はゲーム』『自分はエロゲーヒロインのイデア』だと信じるデンパのアオイを現実復帰させるため、美冬を巻き込んで友達になろうとする。その過程で美冬と主人公の仲もいい感じになっていく……」というストーリー。

 1週目はバッドエンド。文化祭の演劇で他の男とキスする、という美冬に主人公はなにも言ってやる事ができない。アオイは「この世界はゲーム。主人公と美冬がくっつけるようにアップデートする?」と聞くが、主人公は拒否する。文化祭以降また前のように疎遠になって終わり。

 2週目は美冬ルート。アオイにアップデートするよう頼むと(スマホで『カミサマ』=ゲームの外側に電話する)、1週目にはいなかった子猫が出現。子猫とアオイに勇気を貰った心一は、美冬の演劇にかけつけて告白をする。「永遠の愛」を美冬に誓ってエンド。

 3週目はアオイルート。2週目では心一を励ましたあとどこかに消えてしまったアオイを求めて奔走する主人公。「自分はゲームのキャラクターだから心一を愛したとしても消えてしまう」というアオイに、それでもいい、と心一は言う。アオイと結ばれてハッピーエンド……


















 と見せかけて。美冬が「貴方は前のルートで永遠の愛を私に誓ったのに、裏切るの?」と言って心一を撲殺。アオイの持っていた『カミサマ』=ゲームの外側にアクセスするためのスマホを手に入れて、世界をアップデートする。世界の外側を認識できるようになった美冬は、心一ではなく「プレイヤー」、画面の前の我々に対して愛を語りかけてくる。

 4週目。美冬によって書き換えられ、アオイの消えた世界のゲームを何周もしながらわずかに残ったアオイの痕跡をかき集めていく。子猫に導かれて美冬の持っていたスマホを奪い、見覚えのない番号にかけると再びアオイが主人公の前に現れる。美冬とアオイ、どちらかを選びエンディングへ――

 アオイルートでは、『エロゲーヒロインのイデア』に還元されたアオイとプレイヤーが、また別のエロゲーでの再会を誓う。

 美雪ルートでは、元の世界に戻った美雪が、心一と幼馴染として結ばれて終わる。


 というのがこの作品の基本的な流れになる。これを見ればわかるが、この作品、エロゲーメタである。メタメタである。ヒロインは二人とも「自分がエロゲのヒロインである」ということを自覚していて、美冬はその上で「主人公ではなくプレイヤー」の愛を求めてくる。約15分といういささか長い、プレイヤーがイタす時間を想定したと思われるエロシーンだとか、小ネタも多い。

 ただ、この作品のメタエロゲーというのは、単に小ネタにとどまらない。メタ○○というのは概して「そのジャンルというのはそもそもどういうものなのか」という疑問に端を発していることが多いが、この作品もその多分に洩れない。ここでようやくこの批評のメインテーマに至るのだが、僕はこの作品が「エロゲーとは、特に『攻略』とはどういうことか」を問いかけているのだと感じた。


 このゲームを物語のレベルで追うと、上記のように「アオイを取り戻す物語」ということになるだろう。しかし実際に感想サイトなどを見てみると、思った以上に美雪派が多い。それは、このゲームの根幹となるメタ部分が「主人公ではなくプレイヤーを攻略しようとする美雪」に集約されるからだ。

 アオイは物語の始め、「エロゲーヒロインのイデア」として登場する。様々なエロゲーに登場し、何度も主人公に攻略される存在。この世界をゲームだと信じ、「失敗してもロードすればいい」と考えている。そのアオイが心一への愛、という一回きりのものに目覚める、というのがこのゲームの物語だ。これに感動(つまり感情移入)できるかは人それぞれだが、まあ、わりとありがちなお話だと言えるだろう。

 対して美雪の方はどうだろうか。美雪は当初、主人公の幼馴染という役割を与えられている。しかし自らその役割を放棄し、主人公ではなくプレイヤーに対しての行動を行う。当然、物語の中にプレイヤーは登場しないのでその一つ上の次元の行動となる。これがこのゲームのエロゲーメタの根幹である。

 美雪は「攻略される側」ではなくプレイヤーと同じ「攻略する側」に立とうとする。だから「キャラクター」であるアオイを殺すことなど何でもない。ここには明確に恐怖がある。今まで一方的に「攻略する」という上下関係だったものが、「自分を攻略しろ」と対等の関係を求めてくるのだ。お前は二周目で永遠の愛を誓ったではないか、そのことに責任をとれ、と。

二周目:ヒロイン(攻略される側)→四周目:プレイヤー(責任を求める)

 ここにこのゲームの根幹がある、と言ってもいい。ネットのネタバレサイトなどで取り沙汰されるのも、専らこの部分だ。ここで重要なのは「攻略」した段階では美雪は「攻略される側」に過ぎなかったことだ。


 さて、ここで転じてアオイの方を見てみよう。先ほどの説明では、あくまで物語のレベルで「アオイという普遍的なキャラクターに過ぎなかったものが『この私』というものを獲得する」という、ちょびっツ的な話になっていた。しかしメタレベルでアオイを見ると話は違ってくる。

 アオイは始め、「ヒロインのイデア」として登場する。主人公以外の男も攻略し、失敗してもロードをしてやり直せばいい、と述べる様は我々エロゲープレイヤーの写し鏡として存在する。そのアオイが「この私」を獲得し、心一との愛を語るのは、プレイヤーがキャラクターのレベルに降りてきたことと同義である。

一周目:ヒロインのイデア(プレイヤーと同義)→三周目:ヒロイン(キャラクター)

 本来、プレイヤーであったはずのアオイは、キャラクターとなることで心一を「攻略」したことに責任を取ろうとするのである。こうしてみると、この二人のヒロインには見事な対象関係が描かれているのがわかる。そしてその軸に成るのが「攻略する側とされる側の逆転」というわけだ。

 この対象関係はエンディングにも適応される。どちらかを選ぶ、と書いたが、上記の二つのエンディングは同時に存在するとも言える。一周目でヒロインのイデアであったアオイは、キャラクターからイデアに戻り、プレイヤーと結ばれ。二周目でヒロインであった美雪はプレイヤーからヒロインに戻り、主人公と結ばれる。キャラクターの地平に降りて心一との愛を求めたアオイがプレイヤーと、プレイヤーの地平に上がりプレイヤーの愛を求めた美雪が主人公と結ばれるのはなんとも皮肉だ。

美雪
二周目:ヒロイン(攻略される側)→四周目:プレイヤー(プレイヤーを求める)→エンディング:ヒロイン(主人公と結ばれる)

アオイ
一周目:ヒロインのイデア(攻略する側)→三周目ヒロイン(主人公を求める)→エンディング:ヒロインのイデア(プレイヤー)と結ばれる

 さて、一方ではヒロインがプレイヤーに攻略の責任を求め、もう一方ではプレイヤーがキャラクターを攻略した責任を取ろうとする。ここまでくれば、最初に述べた「エロゲーとは、特に『攻略』とはどういうことか」を問いかけている、という言葉の意味はわかってもらえるだろう。

 また、美雪派が多い理由もわかる。このゲームは構造上、「美雪の攻略」について責任を取ることをプレイヤーに求めているのだ。しかし、我々は決してアオイと同じようにキャラクターの地平に降りて責任を取ることなど出来はしない。それはエンディングを見てもはっきりしている。

 きっと、美雪ルートを選んだプレイヤーも、決してエロゲーを辞め、美雪に服したりはしないだろう。それはある意味で「ヒロインのイデア」であるアオイを選んだことと同義である。更に言うなら、美雪を「プレイヤー=人間」として扱うならば、このゲームは「一人きりの人間」と「エロゲー全てのヒロイン」という二択を迫っている、とも言える。アオイを選ぶ、ということは過去・現在・未来にプレイしたエロゲー全てのヒロインに責任を取る、ということなのだ。しかし、それでも、「一人きりの人間」と「一回きりの恋愛」を求めないのであれば、エロゲーをプレイする意味などきっとないだろう。

 美雪を選べば、過去・現在・未来にプレイした/する全てのエロゲーヒロインを裏切ることになり、アオイを選べば「エロゲーヒロインと関係を結ぼうとする」という行為そのものを否定することになる。しかし、ここに現れた矛盾は、エロゲーが根本的に持っているものなのだ。

 我々はみな「一回きりの恋愛」を疑似体験するために「たくさんのエロゲー」をプレイする。そこに既にして矛盾が生じている。その矛盾をわかりやすい形で現出したのがアオイと美雪なのだ。


プロフィール

とらいち

Author:とらいち
小説・漫画の感想ブログです。
フィギュア・ガンプラの写真なんかもあげるかも。
Twitterアカウントは@toragikoです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
Twitter
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。