スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガンダムUC ep7「虹の彼方に」感想 アンチ・ヒーロー好き必見の作品


 今日、新宿ピカデリーでガンダムUC見てきました。久々にTwitterじゃなくブログで長文感想とか書いてみようと思います。ネタバレ全開なので注意

 ep7、個人的には凄くよかったと思う。以下、思ったこと、一緒に見に行った友人と話したことなんかを書いていく。小説版も読んでないにわかの意見なんであしからず。

 今回、ネタバレは出来る限り回避していたが、流石に「リディ少尉がマリーダさんを殺す」ということは知ってしまっていた。(小説があるから当然だけど)で、視聴前の不安として「リディさんを(俺が)許せるかなー」というのがあった。

 いや、前からリディ少尉が嫌いだったかというとそんなことはなくて、むしろリディ少尉大好きだった。属性で言っても主人公にコンプレックスを抱いてるサブキャラ(ダイ大のポップとか)萌えだし、そもそもバナージがあんまり好きになれないしで。

 そもそもバナージが好きって人はなんなんだ? とさえ思ってた。相手の立場に立って物事を考えられないし、(ep3の「このわからずやー!」とか。どっちがだよ。「連邦の理屈ばかり言うな」というマリーダさんの言葉は至極最も)自分が人を殺したことを受け入れられず言い訳するし(ep2ね)、かといって大事な場面で「撃てませーん!」で咎をリディさんに押し付けるし(ep4)。要するにガキなんですよね。

 でもそんなガキがこの作品の世界では皆に好かれまくり、いろんなものを受け取るわけだ。父親のカーディアス・ビストはともかく、エコーズのダグザさん、ネオ・ジオンのギルモアさん、艦長、マリーダさん、それからもちろんオードリー。リディ少尉がコンプレックス抱くのも当然ですよね。判官贔屓の血が騒ぐ騒ぐ。というわけでガンダムUCはリディ少尉を応援しながら見てました。

 でも、ep7ではリディ少尉がマリーダさんを殺すらしい。マリーダさんっていうのは「戦後のゴタゴタの犠牲者トラウマムービー」たるUCの象徴みたいな人で、この人を殺す、というお鉢が回るということはこの世界の諸悪を担うことになるんじゃないかと。種死のシンみたいに複数主人公の一人にすべてをおっ被せてもう一人を大正義にするスタイルなのかと。そういう不安でした。

 で、実際に見てみると。リディ少尉は確かにマリーダさんを殺すけど、それは全然悲劇ではなかった。マリーダさんは確かに死んだけれど、その死は決して悲惨なだけのものではなく、厳かですらあった。(これについては友人と見解は一致したけど、是非は別れた。友人は「死はもっと悲痛に描かれるべき」と言っていたが僕は「死は厳かであってもいい」と思った。この話はまた別の記事で。)

 その後のシーンでリディ少尉が言うように、彼はマリーダさんの名前も知らないわけです。でも、彼女の死のおかげで彼は自分を取り戻すことが出来た。ガンダムで「強化人間と戦闘の中で分かり合う」というシチュエーションといえばZのフォウ・ムラサメとか種死のステラ・ルーシェなんかがありますよね。カミーユもシンも最終的にはおかしくなっちゃうわけだけど、それはZや種死が「戦争の中で人間性を奪われていく」物語だからじゃないかなーと思うんです。で、それはリディ少尉にも共通している。

 リディ少尉って人は、自分の家のこと(=箱の中身)を知って、それをオードリーに一緒に背負って欲しかったけど拒否されて、「俺を一人にしないでくれ」って言っておかしくなっちゃったわけで、それって箱の中身をオードリーと共に正しく使ったバナージのちょうど逆なんですよね。で、「俺を一人にしないでくれ」って言ったリディ少尉にマリーダさんはむしろ自らその身を差し出す。

 ジョジョの奇妙な冒険で「ジョジョは受け継いだ人間、ディオは奪う人間」なんて話があるけど、UCにおいて戦争の中で「バナージは受け取る人間、リディは奪われる人間」なわけですよ。もうリディさん発狂不可避。(ep4でバナージの代わりにロニさんを殺すという咎も押し付けられたし。個人的にはep7でその回想があってもよかった)

 で、奪われ続けたリディ少尉がどうなったかというと、自分が奪う側に回ろうとした。マリーダさんの命を奪った。でも、それは単に奪ったわけではなく、マリーダさんに差し出されたわけで。この時初めて、彼は受け取る側になれたんだと思うんですよ。それで踏みとどまることができた。Zや種死ではクワトロやアスランがはけ口になるべきポジションなわけですが、こいつらが本当にダメだった。

 やっぱり何より大事なのは母性ですよ。マリーダさんは私の母になってくれるかもしれなかった女性だ!

 今日はここまで。明日は逆シャアとの絡みについて。

スポンサーサイト
プロフィール

とらいち

Author:とらいち
小説・漫画の感想ブログです。
フィギュア・ガンプラの写真なんかもあげるかも。
Twitterアカウントは@toragikoです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
Twitter
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。