スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キルミーベイベーの魅力~上級編・日常系とはなにか~

 なんだか、記事を書くごとにクオリティーが下がっている気がする。一番言いたいことを初めに言ってしまったので、当然といえば当然だが。ここまでのことは、自分でもある程度責任と自信を持って書いてきた。一応、論拠といえるものも提示してきたつもり。だけどここからは、思うまま妄言に近いことを書こうと思う。

 まず、今までキルミーベイベーについていろいろと考察をしてきた。けれど人によっては「たかが四コマ漫画じゃん。まじめに考えて何か意味あるの?」と思うかもしれない。なので今日は、四コマ漫画やその批評が社会にどう役に立っているかについて考えたい。役に立つ、というのが言い過ぎなら社会との関わり方、と言っても良い。

 まず、結論から言うと「四コマ漫画は現代の文学である。そして文学とは我々の認識を規定するものである」ということになる。かなり突飛なのは自覚しているが、私はそう思う。これからその根拠を説明していこう。
 
 まず、小説について話をしたい。小説と自意識の関係の話だ。自意識とはなにかというと、「自分が何者であり、社会に対してどのような役割を果たすか」という認識のことである。現在、我々が当たり前のように思っているこの考えは、実は近代以前には、少なくとも現在のような形では存在しなかった。それを生み出したのは哲学であり、それを人々の間に浸透させたのが近代小説である。そもそも頭の中の思考を言葉にする(お腹すいた、という想念ではなく『お腹すいた』という言葉を思い浮かべる)という習慣が、黙読の習慣によって生まれたという話もあるくらいだ。
 また、日本人の「私」という意識の誕生には私小説が大きく関わってくる。市民革命によって自ら「個人」というものを獲得せず、独自の哲学研究も進めてこなかった日本人は、西洋の近代小説によって「個人」という意識を輸入したのだ。
 このように、文学というのは単に「本面白いwww」というものではなく、人の意識の在り方、すなわち社会の在り方さえも規定してしまう学問なのだ。その辺を人事の皆さんにもわかっていただきたい。

 さて、それでは現在の我々の意識を規定しているもの、とはなんだろうか?いわゆる「純文学」だろうか?しかし、我々の中に純文学を読んで育った者がどれだけいるか?純文学を読んだことのないものは、近代的自我を持ち得ないか?そんなことはないだろう。我々は身の回りの様々なコンテンツを通じて、先人たちが培ってきた認識を受け取っている。その中の一つが漫画などのサブカルチャーだ。純文学が無意味だ、と言っているのではない。サブカルチャーはメインカルチャーによって”開発”された認識を一般に広める役目があるのだ、と個人的には思っている。「事件」・「物語」の否定や人間のキャラクター化を描いた日常系の元祖といえる『草の上の朝食』は一九九〇年の小説だ。

今日はここまで。これ、キルミーベイベー論に帰って来られるんだろうか。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

とらいち

Author:とらいち
小説・漫画の感想ブログです。
フィギュア・ガンプラの写真なんかもあげるかも。
Twitterアカウントは@toragikoです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
Twitter
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。