スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キルミーベイベーの魅力~初級の続き・アニメの魅力編~

スゴいぞ山川監督!

 今回はキルミーベイベーのアニメの魅力について語っていく。前回の記事を簡単にまとめると

・キルミーベイベーの原作は意識して物語性を省いている。それによって読者が自分の中で物語を膨らませやすいようになっている
・キルミーベイベーのアニメはその原作の力に負け、最終回で物語ってしまっている

 ということだ。しかしこの作品を30分アニメにするにあたって、その決断は英断だったといえるだろう。この記事ではアニメ版キルミーベイベーに散見される物語性をあげていこうと思う。

 まず、第一話冒頭の「ぐーてんもーげん!わたし、折部やすな!たぶん高校生!」という台詞から考えてみたい。実はここにはかなりの情報が詰め込まれている。まず、この作品がやすなの一人称視点によるというものだということがわかる。アニメではモブキャラクターは(予算の兼ね合いもあるだろうが)棒人形で描かれている。これがやすなの認識だとすれば、やすなにとってソーニャ以外の人間はほぼ見えていないということに他ならない。これは原作の表紙にも言えることだ。
kill08.jpg
 この緑一色の表紙絵は、二人しかいない世界を表している。そしてアニメでは、それがやすなの意識によるものだということが最初に提示されているのだ。
 また、「たぶん高校生」という部分であるが、「高校生」というキャラクターとしてのレッテルを、「たぶん」によって曖昧にしている。しかしやすなは高校生に違いない。本当に「たぶん」なのはソーニャが殺し屋である、という方ではないか?といったことも考えられる。

 また、キルミーベイベーはしばしば「30分は長かった」「5分アニメにすればよかった」と言われることがある。しかし僕は30分アニメにしたのは正解だったと思っている。

 まず、アニメでは最終話を除く12話が、春夏秋冬の季節ごとに――もっというなら、1話が作品内の1ヶ月になるように配置されているのも興味深い。だいたい、原作の3~4話をアニメの1話にまとめているのだが、そのとき季節ごとに並び替えているのだ。これにより、アニメには原作にはなかった「時間の流れ」が生まれている。

 また、しばしば「尺稼ぎ」であると非難される話の切れ間に挿入される一枚絵であるが、これは原作のヒド目のオチを和らげる役目を持っている。例えば、催眠ガスで眠ってしまったやすなを公園に放置する回にはおとまり会の絵を、やすなを汚いプールに突き落とす回には泉の女神ネタを、といった具合である。
 帰り道のシーンにしても同様で、例えばパペットの回ではソーニャがやすなの作ってきた人形の首をもぎ取ってしまう。4コマであればそこでオチ、で終りなのだが、時間の流れのあるアニメではそう上手く区切りがつけられず、ともすればソーニャを酷い奴だと感じてしまう。しかしその後の帰り道のシーンで、二人は仲良く一緒に帰っている。あまつさえやすなの手には修理された人形が握られているのだ。やすなが人形を修理する間、帰るのを待ってあげるソーニャを想像すると胸が暖かくなるではないか。

large.jpeg

 帰り道のシーンの暖かさは、このポスターに集約されている。こうしてみると、あたかもキルミーベイベーが「いろいろあるけど、帰り道は一緒だよ」に集約される作品であるかのようである。これをみて、帰り道のあのBGMを思い出す人も多いのではないだろうか。
 しかし、実は原作ではこの「一緒に帰る」シーンは影も形も存在しない。全くのアニメオリジナルなのである。キルミーベイベーのアニメは「オリジナル要素が少なく、比較的原作に忠実である」という評価がなされているが、実は作品の根幹から変えられているのだ。

 前回、キルミーベイベーの原作は「物語」を捨象した純粋な日常だけの作品であると述べた。しかし、あまりにも純粋すぎる「日常」だけの作品は逆にその日常性を感じることが難しくなる。原作を読んで読者が受け取るものは単にギャグ漫画としてのキルミーベイベーであろう。
 その原作に少しの物語性――時間の流れと言い換えても良い――を付け加えることによってよりその「日常性」を浮き彫りにさせたアニメは、やはり名作であると言わざるをえない。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

よく「キルミーは5分アニメで毎日放送していれば」という意見を聞くが、
30分じゃなきゃここまで叩かれたり、賞賛されることもなかったと思う。
同時に、なぜ30分にした方がいいのかと聞かれた時上手く言えない自分がいたが
ここを読んで少し答えが解った。為になる考察だね。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

ここまで深く考えるものなのかwww


けど、結構面白かったです。
こういう考え方もあるんですね。
プロフィール

とらいち

Author:とらいち
小説・漫画の感想ブログです。
フィギュア・ガンプラの写真なんかもあげるかも。
Twitterアカウントは@toragikoです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
Twitter
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。